“コンテナ船隊”ザ・アライアンス、サービス概要を決定…240隻体制

船舶 企業動向
青海コンテナ埠頭
  • 青海コンテナ埠頭
川崎汽船、商船三井、日本郵船、ハパックロイド、陽明海運で構成し2017年4月から運航開始を予定している「ザ・アライアンス」は、新しいサービス概要を決定した。

ザ・アライアンスは240隻のコンテナ船隊を運航し、各国関係当局との諸手続き完了を前提に、2017年4月からアジア/北欧州航路、アジア/地中海航路、アジア/北米西岸航路、アジア/北米東岸航路、大西洋航路とアジア・中東航路でサービスを開始する。

全体で75を超える直接寄港地と31サービスで広範なネットワークを形成し、高頻度で競争力のあるトランジットタイムを提供し、多様化する顧客ニーズに対応するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 川崎汽船・商船三井・日本郵船、コンテナ船事業を統合…世界シェア6位へ 画像 川崎汽船・商船三井・日本郵船、コンテナ船事業を統合…世界シェア6位へ
  • 【ダイハツ トール】ファミリー向け小型車…軽の技術で開発 画像 【ダイハツ トール】ファミリー向け小型車…軽の技術で開発
  • 【トヨタ ルーミー/タンク】家族の成長に合わせて車も成長 画像 【トヨタ ルーミー/タンク】家族の成長に合わせて車も成長
  • 【ミラノショー16】スズキ、新型 バーグマン400 など4車種を発表 画像 【ミラノショー16】スズキ、新型 バーグマン400 など4車種を発表

特集

おすすめのニュース