マツダ、通期営業利益予想を1500億円に下方修正

自動車 ビジネス 企業動向
丸本副社長 《撮影 池原照雄》
  • 丸本副社長 《撮影 池原照雄》
マツダは11月2日、2017年3月期の第2四半期累計(4~9月期)連結決算を発表するとともに、通期の業績予想を下方修正した。営業利益は従来予想より200億円少ない1500億円(前期比34%減)とした。

4~9月期は為替の円高が648億円の減益要因となり、営業利益は前年同期比30%減の883億円となった。国内販売が苦戦するなかで世界販売は1%増の77万5000台と堅調だった。純利益は37%減の561億円。

通期では世界販売を155万台(前期比1%増)としており、期首計画を維持した。一方で前提為替レートは1ドル104円と従来比6円の円高方向に見直し、為替変動による通期営業利益の減益要因は1230億円を見込んだ。純利益予想は従来比で150億円下方修正の1000億円(前期比26%減)に見直した。

記者会見した丸本明副社長は業績予想について、「今期の為替変動は1ドル80レベルだった2010年当時に匹敵する大きさだ。1230億円の減益影響が出るなかで1500億円レベルの営業利益が稼げることは、収益力がついてきたかなと感じている」と、評価した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集