アスクル、電気自動車の配送拠点「世田谷デポ」が稼働

エコカー EV
EV配送拠点である「世田谷デポ」
  • EV配送拠点である「世田谷デポ」
アスクルは、10月16日に電気自動車(EV)による配送拠点である「世田谷デポ」(東京都世田谷区)を稼働させたと発表した。

同社グループ企業であるASKUL LOGISTは、今年8月末から環境に配慮したEVでの配送を開始している。アスクルでは、原材料調達から商品の配送までサプライチェーン全体でのCO2削減を目指す取り組みである「2030年CO2ゼロチャレンジ」を展開しており、デポの開設もこの一環。

アスクルは、商品配送に日産自動車製の電気自動車「e-NV200」12台を導入している。EVは8月31日から開始したLOHACOの新受取りサービス「Happy On Time」や法人向け配送車輌として都内で活用している。

これらEVを使ったの配送の拠点として「世田谷デポ」を稼働したもの。「世田谷デポ」の外壁、電気自動車、ドライバーのユニフォームについては、「エコ」「親しみやすさ」「街になじむ」をコンセプトとしたデザインを施した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • HVやEVなどに「車両接近通報装置」を義務付け 2018年3月より 画像 HVやEVなどに「車両接近通報装置」を義務付け 2018年3月より
  • ベンチュリ、549km/hの最高速を計測…EVの世界新記録 画像 ベンチュリ、549km/hの最高速を計測…EVの世界新記録
  • GLM、安川電機と資本・業務提携…次世代EVスーパーカーの開発を強化 画像 GLM、安川電機と資本・業務提携…次世代EVスーパーカーの開発を強化
  • ヤマト運輸、熊本県の路線バスで「客貨混載」を開始 画像 ヤマト運輸、熊本県の路線バスで「客貨混載」を開始

特集