トミーカイラZZ、試乗・展示会を都内で初め開催…プラットフォームも公開 8月27日から

自動車 ニューモデル 新型車
トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ プラットフォーム
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ プラットフォーム
  • トミーカイラZZ プラットフォーム
  • トミーカイラZZ プラットフォーム
GLMは、EVスポーツカー『トミーカイラZZ』の都内初となる試乗・展示会を8月27日から9月11日まで、サンワカンパニー東京ショールーム(港区南青山2)で開催する。

トミーカイラZZは、GLMが約20年前にガソリンエンジン車として販売されたスポーツカー『トミーカイラZZ』のコンセプトを引き継ぎ、車体・パワートレイン等すべてを新規設計した日本初のEVスポーツカー。軽量高剛性アルミフレームと専用設計モーターが生み出す、0-100km/h加速3.9秒という異次元の加速とダイレクトなハンドリングが特徴で、国内外から大きな関心が寄せられている。

試乗・展示会には、ホワイトパールとイエローの2台を用意。イエローは「トミカ」のミニカーに採用されたカラーリングを再現した特注仕様となる。試乗運転は同社スタッフが行い、助手席でトミーカイラZZの圧倒的な加速力を体感できる。

また期間中は、トミーカイラZZの心臓部分であるプラットフォームをショールーム内に展示。プラットフォーム部分は、それ自体で走行可能な強度・剛性を兼ね備えた設計となっており、これをベースとすれば、比較的容易にEV開発に着手できるという。GLMでは完成車だけでなく、EV市場への新規参入を計画する企業をターゲットにプラットフォーム部分のみの販売も展開していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • トミーカイラ ZZ で大黒ふ頭をめざす![動画] 画像 トミーカイラ ZZ で大黒ふ頭をめざす![動画]
  • トミーカイラZZ が新設計でも昔の名前を使う理由 画像 トミーカイラZZ が新設計でも昔の名前を使う理由
  • EV体験から販売へ…トミーカイラZZ、レンタカー導入の理由 画像 EV体験から販売へ…トミーカイラZZ、レンタカー導入の理由
  • 月産10台弱の京都舞鶴製 トミーカイラZZ「モーターは上からぽんと」 画像 月産10台弱の京都舞鶴製 トミーカイラZZ「モーターは上からぽんと」

特集