国土交通省、10年後を見据えた地域公共交通のあり方を模索…自動運転車の実用化などを想定

自動車 社会 行政
国土交通省
  • 国土交通省
国土交通省は、自動運転技術開発の進展や人手不足による影響など、地域公共交通をめぐる状況の変化に対応するため、今後10年を見据えた地域公共交通の姿について議論を開始する。

2007年に地域公共交通活性化再生法が制定されてから10年を迎えようとしている。同法については一昨年、昨年と改正し、取り組みの強化を図ってきた。この間、自動運転技術など新技術の開発の進展、高齢運転者にかかる安全対策の強化、人手不足による影響など、地域公共交通をめぐる状況は、大きく変化しつつある。

このため、まもなく10年を迎える「地域公共交通の活性化・再生」の取り組みを総括しながら、今後10年を見据えた中・長期な視野から考えられる取り組みの方向性について、様々な観点から議論する。

具体的には「地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会」を設置し、第1回会合を6月15日に開催する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社 画像 公共交通の事故被害者への支援計画、2015年度は35社が策定…累計88社
  • 京丹後市丹後町、Uber社のシステムを活用した自家用車有償運送を開始 画像 京丹後市丹後町、Uber社のシステムを活用した自家用車有償運送を開始
  • 国交省、自動運転基準化研究所を設立…国際基準化にオールジャパンで対応 画像 国交省、自動運転基準化研究所を設立…国際基準化にオールジャパンで対応
  • トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討 画像 トヨタ自動車、米Uber社とライドシェア領域での協業を検討

特集