広島電鉄、車内で食事できる路面電車「TRAIN ROUGE」公開…元大阪市電768号を改造

鉄道 企業動向
広電の新しいイベント電車「TRAIN ROUGE」。7月から営業運転を開始する。
  • 広電の新しいイベント電車「TRAIN ROUGE」。7月から営業運転を開始する。
  • お披露目式で「TRAIN ROUGE」導入の経緯を語る椋田社長(左)。お披露目式は千田車庫の一般公開イベント「路面電車まつり」の一環として行われた。
  • 「乾杯!」のかけ声とともに姿を現した「TRAIN ROUGE」。
  • 「TRAIN ROUGE」の前面は750形の面影を残している。
  • 側面は窓の部分が大きく改造され、眺望性の向上が図られた。
  • 愛称や車両番号のロゴが随所に入れられている。
  • 愛称や車両番号のロゴが随所に入れられている。
  • 車内は黒を基調にシックな雰囲気でまとめられた。
広島市街を中心とした路面電車網を運営する広島電鉄は6月12日、車内で飲食できるイベント電車「TRAIN ROUGE(トランルージュ)」を千田車庫(広島市中区)でお披露目した。7月1日から市内線での営業運転が始まる。

フランス語で「赤い電車」を意味する「TRAIN ROUGE」は、750形電車の768号を改造したイベント電車。改造は大阪車輌工業が担当した。外観は赤と黒をベースにした塗装でまとめられた。側面は中央部のドアを撤去して窓を広くとり、客室スペースの拡大と眺望性の向上が図られている。広島電鉄電車企画課の片山陽課長によると、デザインは「メーカー(大阪車輌工業)と協議しながら決めた」としており、外部のデザイナーは関与していないという。

内装は黒を基調としたシックな雰囲気でまとめており、食事を提供できるようテーブル付きの座席(定員26人)を設置。ビールサーバーや冷蔵庫、映像・音響機器も設置した。ビールサーバーは走行時の揺れに対応するため、スワン形のドラフトタワーを採用している。

当面は7月1日から8月31日まで、『ひろでんビール電車』として広島駅~広電西広島間での往復運転が行われる予定だ。運転本数は平日が1本、土曜・休日が2本で、全体の所要時間は約100分。このうち20分は折返し地点になる広電西広島駅での休憩時間になる。車内では生ビール飲み放題で、特製弁当も付く。利用者自身による飲食物の持ち込みも可能だ。事前予約の団体貸切のみ扱い、販売額は1団体につき12万9800円。予約は6月20日から受け付ける。

9月以降は「好評なら『ビール電車』の運転期間延長もありえる」(片山課長)としつつ、小規模なグループ向けの運転なども「今後考えていきたい」としている。

750形は元大阪市電の路面電車。大阪市電の廃止にあわせ、大阪市交通局から1601・1651・1801形の計22両を1965年から1968年にかけて譲り受け、形式を750形(751~772号)とした。このうち766号は1982年、テレビドラマ「西部警察PART-II」の電車爆破シーンに使われたことで知られる。また、772号はミャンマーの鉄道電化計画に伴い同国へ輸出された。

現在残っているのは762号と768号の2両のみ。このうち「TRAIN ROUGE」に改造された768号は2015年1月から休車扱いとなり、鉄道マニアの間ではその去就が注目されていた。広島電鉄の椋田昌夫社長は「まだ使えるのにもったいないということで、若い社員に検討してもらった結果、イベント電車に改造することになった」などと話した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 広島電鉄の路面電車、ミャンマーへ…電化計画に対応 画像 広島電鉄の路面電車、ミャンマーへ…電化計画に対応
  • 「西部警察」で爆破された広電750形、トミカで再現 画像 「西部警察」で爆破された広電750形、トミカで再現
  • 42年ぶり循環運行を開始した札幌市電…課題は長い交差点待ちか? 画像 42年ぶり循環運行を開始した札幌市電…課題は長い交差点待ちか?
  • JR西日本、岡山の観光車両「ラ・マル」が四国乗り入れ 画像 JR西日本、岡山の観光車両「ラ・マル」が四国乗り入れ

特集