【レッドブル・エアレース 第3戦】逆バンジーとメッセージボードで室屋選手を応援…ファルケン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
室屋選手への応援が書き込まれたボード。この後ハンガーに届けられた
  • 室屋選手への応援が書き込まれたボード。この後ハンガーに届けられた
  • パーク中央にはモックアップとパネルで記念撮影
  • タイヤも展示
  • エアレースのパイロンをモチーフとした逆バンジー
  • 子供も楽しめる
  • 浮遊感覚が楽しい
  • タイヤスピーカー
  • ベンチもタイヤ風
ヨーロッパのレースシーンではおなじみのファルケンだが、空のF1と呼ばれるエアレースでも唯一のアジアンパイロットである室屋義秀選手をチームファルケンとして全面的にサポートしている。

来場者野ためにファルケンが用意したテーマパーク風のブースでは、タイヤメーカーとしてスピーカーや休憩テーブルのデザインに趣向を凝らしつつも、家族で楽しめるアトラクションと室屋選手を応援する内容だ。

パーク中央には、室屋選手のレース機のモックアップモデルを設置し、室屋選手のパネルと共に記念撮影ができるコーナーが設置されていた。また、室屋選手への応援を自由に書き込める巨大なメッセージボードもパーク正面に置かれていた。メッセージボードは、そのまま臨時飛行場の室屋選手のハンガーに送られ、ファンや来場者の思いが届けられるという。

アトラクションの目玉はエアレースのパイロンをイメージした逆バンジーマシンが2基用意された。大人から子供まで(身長制限あり)楽しめるもので、来場者は日頃味わえない浮遊感覚を楽しんでいた。

ファルケンでは、昨年からの活動でエアレースは「フェスっぽい」イベントでもあると感じ、テーマパーク風のエリアを用意したそうだ。テーマは「Flying like Falken」とのことだ。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

  • 【レッドブル・エアレース 第3戦】バイクが空を飛び、缶が飛行機にトランスフォーム! 画像 【レッドブル・エアレース 第3戦】バイクが空を飛び、缶が飛行機にトランスフォーム!
  • 【レッドブル・エアレース 第3戦】ハンガーウォークでパイロットやレース機と記念撮影! 画像 【レッドブル・エアレース 第3戦】ハンガーウォークでパイロットやレース機と記念撮影!
  • 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初のエアRQ『Team Chambliss』チームガール 画像 【レッドブル・エアレース 第3戦】史上初のエアRQ『Team Chambliss』チームガール

特集