富士重、社名を「スバル」に…吉永社長「100年を機にブランド更に磨く」

自動車 ビジネス 企業動向
富士重は2017年4月に社名を「スバル」に変更させる計画
  • 富士重は2017年4月に社名を「スバル」に変更させる計画
  • 富士重工業 吉永泰之社長
富士重工業(スバル)の吉永泰之社長は5月12日の決算発表会見で、2017年4月に社名を「スバル」に変更させる計画を明らかにした。6月の株主総会で承認を得て実施する。

吉永社長によると17年は、前身の中島飛行機(当初は飛行機研究所)が設立されて100周年に当たる。現在の社名の変更は1953年の設立以来。スバルブランドは58年から自動車部門で「スバル360」の発売を機に使用している。

吉永社長は「商号とブランド名を統一し、ブランドを磨く取り組みを更に加速させていきたい」と、強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • スバル富士重、17年3月期の営業利益は26%減の4200億円を予想 画像 スバル富士重、17年3月期の営業利益は26%減の4200億円を予想
  • ヤマハ発動機の第1四半期決算…4年ぶりの営業減益、円高や新興国通貨安が影響 画像 ヤマハ発動機の第1四半期決算…4年ぶりの営業減益、円高や新興国通貨安が影響
  • 日産、三菱自の経営支援へ向け出資へ 画像 日産、三菱自の経営支援へ向け出資へ

特集