JAL、熊本線・大分線の機内インターネットを無料化…特別塗装機も

航空 企業動向

「がんばろう日本」復興支援特別塗装機のイメージ
  • 「がんばろう日本」復興支援特別塗装機のイメージ
日本航空(JAL)は、熊本地震の被災者の追加支援を実施すると発表した。

熊本線・大分線で機内インターネットを無料化する。熊本線・大分線では、震災発生後、機内からも最新情報の取得や地上との密に連絡したいとのニーズが高まっている。フライト中でも無料でインターネットを利用できる専用のクーポン券を用意する。

対象の路線は羽田=熊本線、羽田=大分線の「JAL SKY NEXT」運航便(機内Wi-Fi装着機材)。期間は4月27日~5月31日まで。

また、JALグループとして被災地の一日も早い復旧・復興を願い、支援・応援していくとの思いを込めて「くまモン」と「めじろん」が機体にデザインされた「がんばろう日本」復興支援特別塗装機を就航させる。羽田=熊本線・大分線を中心に運航する。機材はボーイング767-300型機で、4月29日から運航開始する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集