三菱自 田畑常務「財務体質は非常に強い」

自動車 ビジネス 企業動向
三菱自の決算発表 相川哲郎社長(左)と田畑豊常務(4月27日)
  • 三菱自の決算発表 相川哲郎社長(左)と田畑豊常務(4月27日)
  • 三菱自動車(イメージ)
三菱自動車工業の経営企画・財務統括部門長を務める田畑豊常務は4月27日の決算発表会見で、同社の財務状況について「体質は非常に強いと思っている」と述べた。

燃費データの不正による経営への影響を聴かれ、数字を挙げながら財務の状況を説明した。田畑常務は2016年3月末時点で、自己資本比率が48%(前年同期41.6%)となり、手元資金(現預金)も4600億円強(同3955億円)に達していると指摘したうえで、「この2、3年で財務の健全性は大幅に強化されている」と語った。不正で発生する補償には相当耐えられるとの意向をにじませた。

もっとも、顧客や日産自動車への補償やエコカー減税の一部返納など、不正に伴う費用の規模はまだ不透明だ。このため、財務へのインパクトは「どれくらいの影響があるのか、予測は難しい」と述べるにとどまった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱自、16年3月期純利益は25%減の891億円…今期予想は公表できず 画像 三菱自、16年3月期純利益は25%減の891億円…今期予想は公表できず
  • 三菱自動車のグローバル生産、1.9%減の12万1961台で4か月連続マイナス…3月実績 画像 三菱自動車のグローバル生産、1.9%減の12万1961台で4か月連続マイナス…3月実績
  • 【新聞ウォッチ】三菱自の燃費不正、自動車各社の決算発表に“飛び火”… マツダとダイハツ「一切ない」 画像 【新聞ウォッチ】三菱自の燃費不正、自動車各社の決算発表に“飛び火”… マツダとダイハツ「一切ない」

特集