JR九州、午後から九州新幹線の運転を全線再開…豊肥線も明日一部再開へ

鉄道 企業動向

九州新幹線は4月27日午後から全線での運転を再開する予定。
  • 九州新幹線は4月27日午後から全線での運転を再開する予定。
JR九州は4月26日、熊本地震の影響で一部区間の運転を見合わせている九州新幹線について、27日の午後から全線の運転を再開することを決めた。28日には豊肥本線豊後荻~豊後竹田間の運転も再開する。

JR九州が発表した27日の運転計画によると、九州新幹線では9時頃から熊本~新水俣間で試験走行を開始。これにより安全が確認された場合、博多14時台発の列車から博多~鹿児島中央間の全線で運転を再開するという。

在来線の特急・観光列車は、『九州横断特急』『いさぶろう・しんぺい』の運転を終日見合わせる。豊肥本線では肥後大津~豊後竹田間の運転を終日見合わせ、このうち宮地~豊後竹田間で代行バスを運転する。

このほか、久大本線の恵良~引治・野矢~由布院・南由布~湯平各区間で徐行運転を実施。肥薩線も球泉洞~一勝地間で徐行する。豊肥本線の熊本~肥後大津間では本数を減らして運転する。

28日は豊肥本線の豊後荻~豊後竹田間で運転を再開する予定。代行バスの運転区間も宮地~豊後荻間に縮小される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集