ブガッティ ヴェイロン、米国で2件目のリコール…バッテリーに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

ブガッティ ヴェイロン
  • ブガッティ ヴェイロン
  • ブガッティ ヴェイロン
  • ブガッティ ヴェイロン
世界最速、最強、最も高価と、3拍子そろったフランスのスーパーカー、ブガッティ『ヴェイロン』。同車が米国市場において、連続で2件のリコール(回収・無償修理)を実施することが分かった。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「ブガッティから、ヴェイロンに関するもう1件のリコールの届け出を受けた」と公表している。

2件目のリコールは、バッテリーの不具合が原因。NHTSAによると、ヴェイロンのバッテリーケーブルおよびオルタネーターとの接続部が腐食している可能性があり、過熱による火災のリスクが高まるという。

リコールの対象となるのは、2006-2008年モデルのヴェイロン。米国で販売された13台が、リコールに該当する。

ブガッティは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店で、バッテリーケーブルおよびオルタネーターを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集