【ジャカルタモーターショー16】ホンダ ブリオ に「RS」登場…馬力・トルクアップ

自動車 ニューモデル モーターショー
より立体的になったフロンドグリル周り。写真は新バージョンモデル『RS』
  • より立体的になったフロンドグリル周り。写真は新バージョンモデル『RS』
  • 『RS』がワールドプレミアされると場内からは拍手がわき起こった
  • より若い世代へアピールする新モデルとして『RS』は発表された
  • ブリオ『RS』のリアビュー。ハッチやテールランプの意匠が変更された
  • ダッシュボードは基本的に従来デザインを踏襲する
  • 黒い生地をベースにオレンジのステッチを施し、『RS』らしさを醸し出す
  • イメージキャラクターはJKT48を起用する
ホンダは4月7日、インドネシア国際モーターショー(IIMS)2016において、同社のもっともベーシックなラインナップ『ブリオ』をマイナーチェンジしたことを発表。同時にスポーツバージョン「RS」をワールドプレミアした。

マイチェンで披露された新しい顔は、フロントバンパーとフロントグリルを新デザインとしてより存在感をアップ。リアハッチやテールランプの意匠デザインも変更されている。特にRSのホイールは新デザインの15インチ。サイドスカートやLEDプロジェクター型ヘッドランプ、電動可倒式ドアミラーなどを標準で備え、スポーツマインドたっぷりのデザインとなった。注目のRSのエンブレムは、より目立つハッチ側に貼られている。

RSのシートはオールブラックの生地にオレンジのステッチを施したもので、ダッシュボードには6.2インチのディスプレイオーディオを搭載。ステアリングのスポーク部にはオーディオ用のコントロールスイッチも用意された。また、エアコン等はすべてデジタル表示化され、高い視認性と同時に使い勝手も高められている。

搭載エンジンは従来通りi-VTEC 1.2リットルだが、従来の 88ps・109Nmから90ps・110 Nmにまでパワーアップ。ミッションはCVTまたは5速MTを選択して組み合わせられる。特にベースグレードの「SATYA」シリーズはインドネシアの“低コストグリーン車(LCGC)”に適合してもいる。価格は「SATYA S」が1.296億ルピア(約107万円)。 「RS」のCVTモデルが1.747億ルピア(約145万円)となる。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集