【まとめ】東京モーターショー15を振り返る…スズキ編

2年に一度の自動車の祭典、「第44回 東京モーターショー2015」が10月28日から11月8日まで開催された。

自動車 ニューモデル モーターショー
スズキ アルトワークス(東京モーターショー15)
  • スズキ アルトワークス(東京モーターショー15)
  • スズキ・プレスカンファレンス(東京モーターショー15)
  • スズキ マイティデッキ(東京モーターショー15)
  • スズキ マイティデッキ(東京モーターショー15)
  • スズキ ソリオハイブリッド(東京モーターショー15)
  • スズキ ソリオハイブリッド(東京モーターショー15)
  • スズキ ソリオハイブリッド(東京モーターショー15)
  • スズキ バレーノ(東京モーターショー15)
2年に一度の自動車の祭典、「第44回 東京モーターショー2015」が10月28日から11月8日まで開催された。

会期中の入場者は81万2500人。天候に恵まれなかったこともあり、前回の(90万2800人)より少ないが、来場者アンケートでの満足度は前回を上回る結果となった。

11か国から160社が出展し、ワールドプレミア(世界初公開)は75台。FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループのアルファロメオ、フィアット、ジープ、アバルトが8年ぶりに復帰するほか、仏PSA(プジョーシトロエン)からDSブランドが初出展するなど、海外勢も盛り上がりを見せた。

出展車両は、クリーンディーゼルやEVなどの環境性能、自動運転などの最新技術に注目を集めた。また、国内外メーカーから多くのスポーツモデルが発表された。ここでは、各メーカーの注目出展車などを振り返りたい。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆事前情報&プレスカンファレンス

スズキ鈴木社長「思わずワォと言わせる商品群」

「マイティボーイ」再来も…スズキ、4台を世界初公開

スズキ、フルハイブリッドを開発中…シャーシを展示

電子制御マニュアルをハイブリッド化で「トルクの谷」解消…スズキ


◆サプライズ出展で会場を沸かせた伝説の軽スポーツ

スズキ アルトワークス…伝説の軽スポーツ、3ペダルで復活[詳細画像]


◆日本発売なるか『バレーノ』/EV走行も出来る『ソリオハイブリッド』

発売間近か、スズキの新Bセグハッチ「バレーノ」

スズキ バレーノ…軽自動車並みの軽量ボディに広々空間[詳細画像]

スズキ ソリオハイブリッド…EV走行でさらに燃費向上[詳細画像]


◆個性豊かなコンセプトモデルたち

スズキ エアトライサー は、個性派の小型3列シートミニバン

スズキ エアトライサー…多彩なシートアレンジ[詳細画像]

スズキ イグニス…オンにもオフにも使える、コンパクトクロスオーバー

もう一台のスズキ イグニス…特徴凝縮した「トレイルコンセプト」

スズキ イグニス…実用性高めた小型クロスオーバーコンセプト[詳細画像]

スズキ イグニス、石渡チーフエンジニア「デザインは過去のいいとこ取り」

オープンデッキを備えた軽の新提案…スズキ マイティデッキ

スズキ マイティデッキ…自在なオープンデッキで広がる軽の可能性[詳細画像]
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集