JR東海の新幹線車両、検査周期の変更は次回ダイヤ改正から

鉄道 企業動向

JR東海はN700系改造車とN700Aの検査周期を一部変更する。写真はN700A。
  • JR東海はN700系改造車とN700Aの検査周期を一部変更する。写真はN700A。
  • 検査周期は走行装置などの状態や機能をチェックする交番検査のみ延長する。写真はN700系改造車。
JR東海は12月17日、新幹線車両の定期検査周期を一部変更すると発表した。2016年3月26日に実施されるとみられる次回ダイヤ改正日から、N700系改造車とN700Aの状態・機能検査(交番検査)の周期を延ばす。

自動車の車検に相当する鉄道車両の定期検査は、国土交通省告示の「施設及び車両の定期検査に関する告示(定期検査告示)」の別表で検査の周期が定められている。新幹線電車の場合、走行装置などの状態や機能をチェックする交番検査は「30日又は当該車両の走行距離が3万キロメートルを超えない期間のいずれか短い期間」とされている。

その一方、定期検査告示では「耐摩耗性、耐久性等を有し、機能が別表(中略)に掲げる期間以上に確保される車両の部位にあっては、この限りでない」と定めており、車両の性能や安全性を確保できる場合は、告示の規定よりも検査周期を長くすることが可能だ。

JR東海の発表によると、開業時から現在に至るまでの車両の進化などを踏まえ、今年4月に規定の改正を実施。検査周期を「45日または走行距離6万キロ以内」に伸ばし、これに対応した準備を進めてきたという。同社は検査周期を伸ばすことで検査の回数が減り、営業列車に充当できる編成数も増やせるとしている。交番検査の周期の延長は、1964年の東海道新幹線開業以来、初めてだ。

これに伴い、検査業務の一部をデータ分析に置き換える。JR東海は今年7月、東京と大阪に車両データ分析センターを設置しており、ここでデータ分析を行う。これにより検査精度の向上などを図ることができるという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集