【フォード フォーカス 試乗】ダウンサイジングでも溌剌さ健在…島崎七生人

試乗記 輸入車
フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
  • フォード フォーカス
溌剌としたクルマ、コチラの気持ちをいつの間にかシュッ! と目覚めさせてくれるようなクルマ。『フォーカス』に乗るといつもそんな思いを抱くのだが、大幅改良の入った最新型でもそれは変わらない。

とくにいいなあと思わされるのが、走りの明快さだ。ワインディングを走ると、コーナーが迫るたび、自分からノーズをインに向けスーッと入っていく感覚。実にさり気ないのだが、シャープ過ぎずごく自然な挙動を示す。アシの柔軟さは相変わらずだが、突き上げがあった際の受け止め方がより万全となった。

他方で直進安定性の高さも印象的。ロングクルージングでも疲れを呼ばないはずだ。また最新型ではフロアカーペットなどにも手が入るなどしたそうだが、走行中のロードノイズがかなり押さえ込まれたのは、走り出してスグにわかる。快適性も高められたという訳だ。

新しく搭載されたエンジンは、1.5リットルの4気筒ダウンサイジングターボ。180ps/24.5kg-mのスペックだが、実際には従来の2リットルモデルより車重が増しているにもかかわらず、同等かそれ以上の軽快感、キレのよさを味わわせてくれる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集