トヨタ、人工知能技術の研究・開発拠点をシリコンバレーに設立

自動車 ビジネス 企業動向

「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(TRI)」のCEOに就任するマサチューセッツ工科大学のギル・プラット博士
  • 「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(TRI)」のCEOに就任するマサチューセッツ工科大学のギル・プラット博士
トヨタ自動車は、人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(TRI)」を米国シリコンバレーに2016年1月に設立、今後5年間で約10億ドル(約1210億円)を投入すると発表した。

トヨタでは、人工知能技術をこれからの産業技術の基盤を担うとともに、新たな産業を創出する重要技術であると位置づけ、TRIを技術イノベーションの拠点として、研究・開発を加速させる。

具体的には、人工知能技術を通じてビッグ・データを活用することで、これからの社会が直面する様々な課題を解決し、将来の持続可能なモビリティ社会の実現はもとより、誰もが安心して安全・自由に、より豊かに暮らすことができる社会の実現を目指し、革新的な商品の企画・開発を進める。

新会社は、トヨタのエグゼクティブ テクニカルアドバイザーであるマサチューセッツ工科大学(MIT)のギル・プラット博士が最高経営責任者(CEO)に就任。優秀な研究者を集めるとともに、MITやスタンフォード大学に設立した研究センターとの連携を進めるなど、研究体制を強化していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集