乗合バス事業、三大都市圏と地方で経常収支率の差が拡大…国交省発表

自動車 ビジネス 企業動向

網走バス(北海道・女満別空港)
  • 網走バス(北海道・女満別空港)
  • 阿寒バス(北海道・釧路空港)
  • 宇部市交通局(山口宇部空港)
  • 宮崎交通(宮交グループ、宮崎)
  • 琉球バス交通(沖縄・那覇)
  • くしろバス(北海道・釧路)
  • 那覇バスターミナル
  • 岩手県北バス(岩手・宮古)
国土交通省は10月30日、2014年度の乗合バス事業の収支状況について発表。東京圏・名古屋圏・大阪圏の三大都市圏と「その他地域」の経常収支率との差が拡大したと伝えた(関連写真72枚)。

三大都市圏では、輸送人員が増加(対前年度比+1.1%)したことなどから、経常収支率は、前年度より0.4%上昇して101.3%。いっぽう「その他地域」では、輸送人員が減少(対前年度比-1.9%)したことなどから、経常収支率が前年度より0.8%減少し、86.8%となった。

国は、三大都市圏(大都市部)の経常収支率(101.3%)が昨年度に引き続き100%を超え、「その他地域」の経常収支率(86.8%)との差は拡大しているという見解を示した。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集