【東京モーターショー15】日野、燃料電池バスのコンセプトモデルを世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
日野 フューエル セル バス
  • 日野 フューエル セル バス
  • 日野 デュトロ ハイブリッド(衝突被害軽減ブレーキ搭載車)
  • 日野 プロフィア ハイブリッド
  • 日野レンジャー ダカールラリー2014参戦車
  • 日野 セレガ
  • HINO500シリーズ
日野自動車は、10月29日から11月8日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に、世界初公開となる燃料電池バスのコンセプトモデルなど6台を出展する。

世界初公開となる『フューエル セル バス』は、日野の考える燃料電池バスのコンセプトモデル。燃料電池バスは、走行時のCO2排出量ゼロという高い環境性能に加え、外部給電機能も備えている。今回「暮らしやすい社会を支える移動」をテーマに、日野がユニバーサルデザインの視点から考える、燃料電池バスを中心とした次世代のバス交通システムを提案する。

日野はさらに、大型トラック『プロフィア ハイブリッド』および小型トラック『デュトロ ハイブリッド (衝突被害軽減ブレーキ搭載車)』を世界初公開。プロフィア ハイブリッドは、ハイブリッド技術を走行に用いるだけでなく、電動冷凍システム、空気抵抗を低減する様々なアイテム、廃熱回収発電システムなどに応用。これらの燃費向上技術を幅広く紹介する。デュトロ ハイブリッドは、既に大型トラック・バスに標準装備となっている衝突被害軽減ブレーキを進化させ、先行車に対する追突回避だけではなく、停止車や歩行者との衝突回避を支援することを可能とした。

日野はその他、大型観光バスの市販モデル『セレガ』や海外向け最新モデル『HINO500シリーズ』、『日野レンジャー ダカールラリー2014参戦車』を出品。さらに、高効率で低燃費なエンジン2基を実物展示にて紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集