JR西日本、北近畿でも381系引退イベント実施…10月30日

鉄道 企業動向
北近畿・南紀地区の特急で運用されてきた381系は289系の投入により運行を終了する。写真は北近畿地区の381系『こうのとり』。
  • 北近畿・南紀地区の特急で運用されてきた381系は289系の投入により運行を終了する。写真は北近畿地区の381系『こうのとり』。
  • 北近畿・南紀地区の特急で運用されてきた381系は289系の投入により運行を終了する。写真は北近畿地区の381系。
  • 北近畿地区の381系は10月30日限りで運行を終了。翌31日から旧683系2000番台の289系(写真)に置き換えられる。
JR西日本福知山支社は10月30日、北近畿エリアの特急『こうのとり』『きのさき』『はしだて』などで運用している381系電車の定期運転終了に伴うイベントを実施する。

当日は19時から、福知山駅の1・2番線ホームで「ありがとう381系セレモニー」を開催。『こうのとり26号』(19時21分着・19時26分発)と『はしだて10号』(19時25分着・19時29分発)を対象に、運転士への花束贈呈、駅長による出発合図などが行われる。セレモニー閉式後に福知山駅を発車(20時22分)する『こうのとり28号』の車内では、福知山~柏原間で381系をデザインした記念乗車証を配布する。

このほか、福知山駅構内で「ありがとう381系写真展」が行われる。10月23日まで一般から作品を募集し、応募作品は11月8日まで展示される。応募票はJR西日本のウェブサイトからダウンロードできる。

翌10月31日からは、381系に代わって289系電車(旧683系2000番台)が『こうのとり』『きのさき』『はしだて』の運用に入る。10月31日は『きのさき6号』が福知山駅を発車(7時43分)する前後の7時30分から50分まで、同駅1番線ホームで運用開始イベントが行われる予定。運転士への花束贈呈や駅長による出発合図が行われる。

381系は1973年にデビューした国鉄の特急形電車。現在は北近畿エリアの『こうのとり』『きのさき』『はしだて』、南紀エリアの『くろしお』、中国エリアの『やくも』で運用されているが、北近畿・南紀エリアの381系は10月30日限りで定期列車での運転を終了し、翌31日から289系に置き換えられる。南紀エリアでも『くろしお』381系の引退記念イベントが行われる予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR西日本、381系『くろしお』引退記念イベント実施…記念乗車証などを配布 画像 JR西日本、381系『くろしお』引退記念イベント実施…記念乗車証などを配布
  • JR西日本、10月31日から南紀・北近畿特急に「289系」投入 画像 JR西日本、10月31日から南紀・北近畿特急に「289系」投入
  • JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名 画像 JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名
  • JR西日本、神戸線の新駅は「摩耶」「東姫路」…来春開業 画像 JR西日本、神戸線の新駅は「摩耶」「東姫路」…来春開業

特集