【IIHS衝突安全】ヒュンダイ ツーソン 新型、スモールオーバーラップで最低から最高評価に

自動車 ニューモデル 新型車
新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
  • 新型ヒュンダイ ツーソン(米国仕様車)
米国IIHS(道路安全保険協会)は9月17日、新型ヒュンダイ『ツーソン』の衝突安全テストの結果を公表。最高の安全性を備えた「トップセーフティピック+」に認定している。

IIHSの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、後方32km/hで実施。ダミー人形が受けた傷害レベルに応じて、GOOD(優)、ACCEPTABLE(良)、MARGINAL(可)、POOR(不可)の4段階で評価する。

またIIHSでは、追突時のむち打ち確認テストと横転を想定したルーフ強度テストも行う。さらに、「スモールオーバーラップ」と呼ばれる新方式の前面オフセット衝突テストも導入した。スモールオーバーラップテストは、フロント部分の運転席側1/4が当たるようにオフセットさせて固定バリアにぶつけるもので、対向車がセンターラインをはみ出してきて衝突するなど、実際の衝突事故により近づけるための追加テスト。しかし、車体のメインフレームよりも外側に強い衝撃が加わるため、厳しい判定を下される車種が多い。そして、IIHSは優秀な結果を残した車を、「トップセーフティピック」に指定。高い衝突安全性を認定している。

新型ツーソンは、前面オフセット、側面、ルーフ強度、追突想定の各テストで、最高のGOOD(優)評価。スモールオーバーラップも最高のGOOD。2013年9月から開始された前面衝突予防性能を評価する新試験プログラムは、最高の「スーペリア」と判定された。

この結果、IIHSは新型ツーソンをトップセーフティピック+に指定。IIHSは、「先代ツーソンのスモールオーバーラップは最低評価だった」とコメント。新型の安全性向上を認めている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集