ダイムラー、排出ガス試験不正操作疑惑を完全否定…法的措置も辞さず

自動車 ビジネス 海外マーケット
ダイムラーは、排出ガス試験を不正に操作したという非政府組織ドイツ環境支援協会(DUH)の主張を全面的に否定
  • ダイムラーは、排出ガス試験を不正に操作したという非政府組織ドイツ環境支援協会(DUH)の主張を全面的に否定
  • メルセデスベンツ Cクラス クーペ 新型のC250d
ダイムラーは、同社が排出ガス試験を不正に操作したという非政府組織 ドイツ環境支援協会(DUH)の主張を全面的に否定した。

DUHは、ダイムラーなど、ドイツ車の排出ガス試験を独自に行い、窒素酸化物(NOx)排出量が基準を大幅に上回っていると主張。9月25日朝、ダイムラー宛てに排出ガス不正操作疑惑に関する要望書および質問書を送付していた。

これに対しダイムラーは、試験中に排出ガスを不正に低減するディフィート・デバイスを使用したことはないと全面的に否定した。DUHが示した測定結果については認知しないとし、法的措置も辞さないと強く反論している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集