VWグループ、欧州でも不正…ドイツ運輸相が公表

自動車 ビジネス 海外マーケット

VWグループが排出ガス規制を逃れるため違法なソフトウェアを搭載していた問題で、米国だけでなく欧州でも不正があったことがわかった
  • VWグループが排出ガス規制を逃れるため違法なソフトウェアを搭載していた問題で、米国だけでなく欧州でも不正があったことがわかった
  • VWブース(フランクフルトモーターショー15)
  • VWブース(フランクフルトモーターショー15)
  • VWのディーゼル車
  • VW ゴルフ
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル
フォルクスワーゲングループが、米国の排出ガス規制を逃れるために、車両に違法なソフトウェアを搭載していた問題。この問題が、欧州にも拡大した。

これは9月24日、ドイツ政府のアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相が明らかにしたもの。「フォルクスワーゲングループから、欧州でも同様の不正があったとの報告を受けた」と公表している。

当初、この問題は、米国で9月18日に発覚。フォルクスワーゲングループの2009-2015年モデルのディーゼル車、およそ48万2000台について、米国の排出ガス試験を不正にクリアする違法なソフトウェアが組み込まれていたと、米国EPA(環境保護局)が発表した。

その後、9月22日、フォルクスワーゲングループは、全世界のおよそ1100万台に、同様のソフトウェアが搭載されている可能性を示唆していた。

今回のドイツのアレクサンダー・ドブリント連邦運輸相の発言は、フォルクスワーゲングループが米国だけでなく、欧州でも不正を働いていたことを明らかにした形。フォルクスワーゲングループは、さらに厳しい対応を迫られることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集