京急電鉄、平日朝ラッシュに座れる通勤列車を運行…12月5日ダイヤ改正

鉄道 企業動向
京急は12月5日にダイヤ改正を実施。平日朝ラッシュ時に上りの着席保証列車『モーニング・ウィング号』の運行を開始する。
  • 京急は12月5日にダイヤ改正を実施。平日朝ラッシュ時に上りの着席保証列車『モーニング・ウィング号』の運行を開始する。
  • 『モーニング・ウィング号』は2ドア・クロスシートの2100形を使用。着席整理券を別途購入すれば、朝ラッシュ時に座って通勤できる。
京浜急行電鉄(京急)は9月9日、ダイヤ改正を12月5日に実施すると発表した。平日朝ラッシュ時に着席保証列車『モーニング・ウィング号』を新設。着席整理券を別途購入すれば、朝ラッシュ時に座って通勤できるようになる。

『モーニング・ウィング号』は片側2ドア・クロスシートの2100形電車を使用し、上り2本を設定する。運行区間と時刻は『モーニング・ウィング1号』が三浦海岸6時09分発~品川7時28分着、『2号』が三浦海岸7時56分発~品川9時19分着~泉岳寺9時22分着。途中、横須賀中央・金沢文庫・上大岡の各駅のみ停車する。

京急は1992年から、平日の夕方ラッシュ時に品川駅から三浦・横須賀方面に向かう下りの着席保証列車『ウィング号』を運行しているが、平日朝ラッシュ時に上り着席保証列車を運行するのは、これが初めてになる。

乗車に際しては着席整理券(300円)が別途必要。月単位の1カ月券(5500円)も発売される。一方、下り『ウィング号』の着席整理券は現在200円だが、12月7日からは100円値上げして300円に変更する。

このほか、羽田空港発着の深夜便増加に合わせ、夜間時間帯のエアポート急行を増発。品川・都心方面や横浜方面を結ぶ羽田空港発着の直通列車を増やす。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集