ヤマハ、新型ビーノ発売…エンジン&燃費性能向上

モーターサイクル 新型車
ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ モルフェ XC50H
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Girl)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Boy)
  • ヤマハ ビーノ XC50D(Vino Boy)
ヤマハ発動機は、レトロポップスタイルの原付1種スクーター『ビーノ』シリーズについて、エンジン性能と燃費を向上させ、10月20日より発売する。

今回、排気系の見直しなどによりエンジン性能(馬力、トルク)を向上。最高出力は従来モデルから0.3psアップの4.5ps、最大トルクは0.3N・mアップの4.2N・mとした。

また新ECU採用、O2フィードバック制御の織り込みなど、FIシステムの変更で燃費性能を向上。30km/h定地燃費は従来から2.3kmアップの68.3km/hとなった。

スタンダードモデルの「ビーノ XC50D」は、女の子らしいスタイルの「Vino Girl」と、ボーイッシュでアクティブな「Vino Boy」の2スタイルを設定。「ビーノ モルフェ XC50H」は、シャッター付きで籐かご調のフロントバスケット、インナーポケット、大型コンビニフックなどを装備し、買い物などでの利便性を高めている。

価格はビーノが20万4120円、ビーノ モルフェが20万5200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集