【スズキ ソリオ 新型発表】ソリオはマイルド、バンディッドはクールに

自動車 ニューモデル 新型車
スズキ ソリオ(左)とソリオバンディット(右)
  • スズキ ソリオ(左)とソリオバンディット(右)
  • スズキ ソリオ(左)とソリオバンディット(右)
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオバンディット
  • スズキ ソリオ
  • スズキ ソリオバンディット
  • スズキ ソリオバンディット
  • スズキ ソリオ
フルモデルチェンジしたスズキ『ソリオ』は、ソリオと『ソリオバンディッド』の2種類があり、主にフロントフェイスとリアコンビネーションランプでそれぞれの性格付けがなされている。

まずソリオについて、スズキ四輪技術本部四輪デザイン部エクステリア課長の山本雄高さんは、「年齢層がバンディッドよりも若干上の、40代から50代くらいのファミリーがメインなので、その志向に合わせて、スポーティでシャープな感じを踏まえつつ、ファミリーカーとしてのマイルドさも表現している」とコメント。

対してソリオバンディットは、「20代から30代、40代くらいまでの若いファミリー層がターゲット」とし、「刺激が強い方向でキャラクター分けをしている」と山本さん。

その性格付けは主にフロント周りと、リアコンビネーションランプで表されている。具体的にはソリオは、「ヘッドライトを大きくはっきりとさせ、目でいうとぱっちりとした大き目で存在感もそこそこ強めにした。またグリルとの連続感も出している」と述べる。また、リアコンビネーションランプは赤が採用された。

そしてソリオバンディットは、「クールな感じになるよう(ヘッドライトは)細く切れ長の表情を作った」。これはLEDヘッドライトを採用しことで可能となったのだ。また、リアコンビネーションランプもクールさを表現することもあり、クリアレンズが採用されている。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集