JR西日本、10月31日から南紀・北近畿特急に「289系」投入

鉄道 企業動向
『しらさぎ』で運用されてきた683系。形式を「289系」に変更し、10月31日から南紀・北近畿地区の特急に投入される。
  • 『しらさぎ』で運用されてきた683系。形式を「289系」に変更し、10月31日から南紀・北近畿地区の特急に投入される。
  • 南紀・北近畿地区の特急で運用されてきた381系は289系の投入により運行を終了する。写真は北近畿地区の381系。
JR西日本は10月31日から、京都・大阪地区と南紀・北近畿地区を結ぶ特急『くろしお』『こうのとり』『きのさき』『はしだて』に289系特急形電車を投入する。同社が8月21日、発表した。これにより各特急で運用している381系電車を289系に置き換える。

289系は特急『しらさぎ』で運用していた683系電車の形式名を変更したもの。京都・新大阪~和歌山・紀伊田辺・白浜間の『くろしお』10本と、新大阪~福知山・城崎温泉間の『こうのとり』14本、京都~福知山・豊岡・城崎温泉間の『きのさき』6本、京都~天橋立間の『はしだて』4本が289系で運行される。ラインカラーは『くろしお』がオーシャングリーンで、それ以外はダークレッド(エンジ)になる。

『くろしお』『こうのとり』『きのさき』『はしだて』は現在、旧国鉄時代に製造された381系と、JR西日本発足以降に製造された283系電車や287系電車で運行されている。各特急は今回の289系投入で381系の運用が終了し、JR西日本発足後の車両に統一される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名 画像 JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名
  • JR西日本、能登観光列車『花嫁のれん』の車両を公開…10月3日運行開始 画像 JR西日本、能登観光列車『花嫁のれん』の車両を公開…10月3日運行開始
  • JR西日本、夏季期間の乗客数が大幅アップ 画像 JR西日本、夏季期間の乗客数が大幅アップ
  • JR西日本、大阪の在来線地下区間で携帯電話サービス開始 画像 JR西日本、大阪の在来線地下区間で携帯電話サービス開始

特集