【SUPER GT】2016年レーススケジュール予定を発表…来季もタイ大会含む全8戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2015年は6月に第3戦として開催されたタイ大会。
  • 2015年は6月に第3戦として開催されたタイ大会。
  • 来季のタイ大会は昨季と同じ10月開催に戻る予定となった(写真は今季タイ大会)。
  • 2015年SUPER GT第3戦タイのGT500、GT300各クラスのウイナーたち。
  • 富士スピードウェイでは来季も2大会が開催される(写真は今季第2戦富士)。
  • 富士でのSUPER GTはゴールデンウイークと夏休みの2開催(写真は今季ゴールデンウイークの第2戦富士)。
  • 2015年SUPER GT第2戦富士のGT500、GT300各クラスのウイナーたち。
  • 来季も開幕地は岡山国際サーキットだ(写真は今季開幕戦岡山)。
  • 2015年SUPER GT第1戦岡山のGT300、GT500各クラスのウイナーたち。
SUPER GTシリーズを運営するGTAは31日、来季のレーススケジュール(予定)を発表した。2016年も全8戦、開催コースと各開催回数は今季と同じだが、開催順序等が異なるかたちとなっている。

今後、F1をはじめとする世界選手権レースとの日程調整等による変更の可能性があるため、現段階では「暫定」のレーススケジュールということになるが、2016年のSUPER GTシリーズは下記の日程で開催される予定となった。

■2016年SUPER GTシリーズ
第1戦・4月9~10日 岡山国際サーキット(岡山県)
第2戦・5月3~4日 富士スピードウェイ(静岡県)
第3戦・5月21~22日 オートポリス(大分県)
第4戦・7月23~24日 スポーツランドSUGO(宮城県)
第5戦・8月6~7日 富士スピードウェイ(静岡県)
第6戦・8月27~28日 鈴鹿サーキット(三重県)
第7戦・10月8~9日 チャン国際サーキット(タイ)
第8戦・11月12~13日 ツインリンクもてぎ(栃木県)

国内6サーキットで7大会(富士のみ2大会)、これにタイ大会が加わる全8戦の構成は今季と同じである。

今季(2015年)とは第3~7戦の順序等が異なっており、昨季(2014年)とほぼ同じ開催カレンダーに戻った格好だが、今季も当初は昨季とほぼ同様の開催カレンダーが発表されていた。ただ、今季はタイ大会を開催するチャン側に10~11月のビッグレース日程過密化が発生した兼ね合い等で、タイ大会が第3戦として6月開催に動き、入れ代わりで当初第3~4戦だったオートポリス大会とSUGO大会が秋に動いてSUGOが第6戦、オートポリスが第7戦となった経緯がある(8月開催の富士、鈴鹿両大会は時期不変で、ラウンド数が第5~6戦から第4~5戦に変更された)。

このため、今季はSUGOとオートポリスにおけるスーパーフォーミュラ(SF)とSUPER GTの開催時期が近くなってしまうという、ファンにとって望ましくないと考えられる状況が発生していたが、おそらく来季はこれが解消されると思われる(SFの2016年レーススケジュールも近日発表見込み)。

なお、今季のSUPER GTは8月8~9日の第4戦富士から国内戦が再開され、残り5大会のラインナップとなっている(下記)。

■2015年SUPER GTシリーズ(8月以降)
第4戦・8月8~9日 富士スピードウェイ(静岡県)
第5戦・8月29~30日 鈴鹿サーキット(三重県)
第6戦・9月19~20日 スポーツランドSUGO(宮城県)
第7戦・10月31日~11月1日 オートポリス(大分県)
第8戦・11月14~15日 ツインリンクもてぎ(栃木県)
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース