GM の車載テレマ、「オンスター」…累計利用回数が10億回に

自動車 ビジネス 海外マーケット
GMのオンスター対応ルームミラー
  • GMのオンスター対応ルームミラー
米国の自動車最大手、GMの「オンスター」は7月29日、顧客のオンスターの累計利用回数が10億回に到達した、と発表した。

オンスターは、GMが米国や中国市場などで展開している車載テレマティクスサービスサービス。オンスターは事故などの際、警察や消防への自動連絡を行うほか、盗難車の位置情報の提供や遠隔操作によるエンジン停止、最新のナビゲーションシステムなど、多くのサービスで構成される。

オンスターが最初にサービスを開始したのは、1996年。米国向けのキャデラック3 車種に、用意されたのが最初だった。

そして今回、顧客のオンスターの累計利用回数が10億回に到達。サービス開始から19年で達成した記録となる。

GMのグローバルコネクテッド顧客担当、Alicia Boler-Davis上級副社長は、「10億回の達成は、顧客のコネクティビティへの需要の大きさを示すもの」とコメントしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース