三菱自動車の第1四半期決算…台数・車種構成等のマイナス影響で営業益4割減

自動車 ビジネス 企業動向
三菱 新型 アウトランダー PHEV G Premium PKG
  • 三菱 新型 アウトランダー PHEV G Premium PKG
  • 三菱自動車本社(参考画像)
三菱自動車は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5005億円(前年同期比-2.6%)、営業利益は186億円(-39.8%)、経常利益は241億円(-26.1%)、四半期純利益は239億円(-14.8%)だった。

第1四半期累計期間の販売台数は26万2000台(+1%)。国内では、軽自動車、登録車ともに前年同期を下回り1万8000台(-35%)となった。北米は3万5000台(+25%)、欧州は5万5000台(+6%)、アジアは7万8000台(-8%)、その他地域は7万6000台(+14%)だった。

収益面では、軽自動車や新型車への切り替え移行期にある『アウトランダーPHEV』の卸売台数が減少し、台数・車種構成等がマイナスに影響したことなどにより、39.8%の営業減益となった。

通期連結業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース