JR東日本の新型特急電車「E353系」量産先行車が完成…中央本線向け

鉄道 企業動向
JR東日本の中央線用新型特急電車E353系の量産試作車が完成し、7月25日に出場した。電気機関車にけん引されて南武線を走るE353系
  • JR東日本の中央線用新型特急電車E353系の量産試作車が完成し、7月25日に出場した。電気機関車にけん引されて南武線を走るE353系
  • JR東日本の中央線用新型特急電車E353系の量産試作車が完成し、7月25日に出場した。基本編成(奥)と付属編成の先頭車の連結部分
  • JR東日本の中央線用新型特急電車E353系の量産試作車が完成し、7月25日に出場した。電気機関車にけん引されて南武線を走るE353系
  • JR東日本の中央線用新型特急電車E353系の量産試作車が完成し、7月25日に出場した。EF64 1019号機を先頭に夕暮れの南武線を走るE353系量産先行車
  • E353系の量産先行車。連結部分には車体間ダンパーが見える
JR東日本が中央本線に導入する新型特急車両、E353系電車の量産先行車がこのほど完成し、7月25日に製造メーカーの総合車両製作所(J-TREC)横浜事業所を出場した。

E353系は特急『スーパーあずさ』に使用されているE351系電車の置き換えを目的として開発。車体はアルミ製で、空気ばね式車体傾斜方式を採用し、E351系の振り子式車体傾斜方式と同等の走行性能を実現しているという。最高速度は130km/h。

このほど完成した量産先行車は12両編成(基本編成9両・付属編成3両)で、性能評価や技術検証を目的に製造。デザインコンセプトは「伝統の継承」と「未来への躍動」で、外観は白を基調とした塗装に、前頭部から側面上部にかけて薄紫色のラインが入る。前面や側面には「E353」の文字をデザイン化したロゴもあしらわれている。

25日は横浜市の総合車両製作所横浜事業所を出場し、ディーゼル機関車や電気機関車に牽引されて長野県松本市を目指した。通過する各沿線の線路沿いや駅ではカメラを構えるファンの姿が多数見られた。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、中央本線向け新型特急電車「E353系」開発 画像 JR東日本、中央本線向け新型特急電車「E353系」開発
  • 山手線の新型電車「E235系」先行車が完成…新潟から一路東京へ 画像 山手線の新型電車「E235系」先行車が完成…新潟から一路東京へ
  • 東京メトロと東武鉄道、日比谷線の新型車両は共通仕様に 画像 東京メトロと東武鉄道、日比谷線の新型車両は共通仕様に
  • 東武鉄道、新型特急「500系」2017年春導入へ…分割・併合運転に対応 画像 東武鉄道、新型特急「500系」2017年春導入へ…分割・併合運転に対応

特集