ヒュンダイ の小型SUV、クレタ …インドで初公開

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
  • ヒュンダイ クレタ
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は6月末、インドで新型コンパクトSUV『クレタ』を初公開した。

クレタは、ヒュンダイ初のサブコンパクトSUV。2015年後半、まずはインド市場で発売。その後、世界市場へ拡大展開する。ヒュンダイは、急成長セグメントのひとつ、サブコンパクトSUVセグメントに、クレタを投入。多くの新規顧客を、ヒュンダイブランドに呼び込むことを目指す。

クレタのデザインには、ヒュンダイの最新デザイン言語、「Fluidic Sculpture 2.0」を導入。強固なボディ構造を採用し、安定かつ快適な乗り心地を追求している。

インド国内向けのパワートレインは、ディーゼルが主力。排気量は1.4リットルと1.6リットルの2種類。1.6リットルは、クラス最強の最大出力128psを引き出す。インドでは、セグメント初となるディーゼル+ATの組み合わせを実現した。

ヒュンダイのインド法人、ヒュンダイモーターインディアのCEO、BS Seo氏は、「グローバルSUVのクレタが、ヒュンダイのインドにおけるサクセスストーリーに、新たな章を刻むだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集