首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」

モーターサイクル エンタメ・イベント

手前は全日本モトクロスIA1ゼッケン番号2、小方誠選手。
  • 手前は全日本モトクロスIA1ゼッケン番号2、小方誠選手。
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
  • 首都圏のダートバイクファンが集結、ホンダづくしの「オフロード・ミーティング」
オフロードバイクで遊び尽くすことができる『Honda オフロード・ミーティング』が5月24日、埼玉県川越市のオフロードヴィレッジで行われた。

このイベント、体験型のプログラムがとにかく豊富。自分のバイクで、あるいは試乗用の新型モデルで、1日たっぷりオフロードライディングが楽しめるようになっている。

まず、無料プログラム。「CRFシリーズ体験試乗」では、公道向けの『CRF250L』をはじめ、競技用のモトクロッサー『CRF250R』やエンデューロレーサー『CRF250X』なども試乗可能。多くのライダーが、最新モデルの乗り味を確かめた。

また、女性を対象にした「レディース体験試乗」や、小学生までを対象とした「オフロード体験」、さらにCRF250Lオーナーを対象とした「ワンポイントレッスン」もすべて無料で楽しめる。オフロード初体験の人も楽しめるようインストラクターが細かく丁寧にアドバイスしている姿が印象的だった。

競技プログラムも充実している。Honda競技専用車/市販車による90分耐久レース「Honda Enjoy 90minレース」は、1~3名でつくったチームでエントリー。

3~6名でつくったチームで参戦する「チーム対抗オフロード・リレー」もあり、いずれもマシンによって細かくクラス分けがされ、技量や経験によって参加レースが選べるように工夫されている。

レースは見ているだけでも面白い。ストイックに上位を狙う上級者らのチーム、ビギナーらで結成し笑顔を絶やさないチーム、さまざまなオフロードバイクファンが1つの目標に向かって楽しむ様子は、まるで運動会のよう。

ほかにも、小学生までを対象にした10分+1周のスプリントレース「キッズ・スプリント」では、有望ライダーらが熱いバトルを繰り広げ会場を沸かせたほか、全日本モトクロスに参戦するHonda ライダーらによるデモ走行やトークショーなども開催。

集まったオフロードバイクファンは、大満足の1日となった。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集