ドローン規制で航空法改正検討 太田国交相

航空 行政
ドローン(イメージ)
  • ドローン(イメージ)
  • 太田国交相
太田昭宏国土交通相は5月26日の閣議後会見で、政府で検討中の小型無人機「ドローン」の規制について、操縦者の技量を確保することや機体の安全基準を設けること、飛行禁止区域を設けることなどを内容とした、航空法の改正を検討していることを明らかにした。

首相官邸の屋上でドローンが見つかった事件を受け、政府は関係省庁連絡会議を設けて、小型無人機の機体の把握、安全性、操縦者の技能、運航方法などのルール作りを進めている。5月中に骨子を取りまとめ、速やかに必要な法案を提出することになっている。

太田国交相は「政府全体の方針に従い、航空法改正も含めて、小型無人機の安全・安心な運航の確保に向けてのルール作りを迅速に進めていきたい」と述べた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集