BMW、伝説のマシンが電動ターボで復活…3.0 CSL オマージュ

自動車 ニューモデル 新型車
BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
  • BMW 3.0 CSL オマージュ
ドイツの高級車メーカー、BMWは5月22日、イタリアで開幕した「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」において、コンセプトカーの『3.0CSLオマージュ』を初公開した。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステは、イタリア・コモ湖畔で毎年開催されるクラシックカーの一大イベント。BMWはここ数年、このイベントに協賛しており、ワンオフのコンセプトカーを製作し、ワールドプレミアしている。

今年のコンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステにおいて、BMWが初公開したコンセプトカーが、3.0CSLオマージュ。BMWの伝説のレーシングカーのホモロゲーションモデルとして、1970年代前半に限定生産された『3.0CSL』を、現代流に解釈した1台となる。

3.0CSLオマージュは、非常にアグレッシブなデザインが特徴。大きく張り出した前後フェンダーを採用。リアフェンダーは、リアスポイラーと一体デザイン。車体などには、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)が使われる。

パワートレインに関して、詳細は公表されていない。BMWは、「直列6気筒エンジンに、eBoostを組み合わせる」とだけ説明。電動ターボで過給されることを明らかにしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集