【マツダ ロードスター 新型発表】小飼社長「35か国以上に年3万台」

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ 小飼雅道社長
  • マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
マツダの小飼雅道社長は5月20日に都内で開いた新型『ロードスター』の発表会見で、モデルサイクルを通じたグローバルの販売計画は年3万台と明らかにした。

21日に先陣を切って発売する国内は年6000台としている。これまでの累計販売でほぼ半数を占め、最大の仕向け地である北米は今夏に、また約3割を占める欧州は年内に順次発売するという。仕向け地は35か国を上回る見込み。

国内は4月上旬から約1か月半の予約受注が、3300台強に達している。月間500台というモデルサイクルでの販売計画を大きく上回るペースだ。小飼社長は「500台より高い社内目標値を設定しているが、それもオーバーしている」と、順調な滑り出しに笑顔を見せていた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集