JR西日本、来春の岡山DCにあわせ観光列車…213系を改造

鉄道 企業動向
来春から岡山地区で運行を開始する観光列車のイメージ。213系の改造車2両編成を使用する。
  • 来春から岡山地区で運行を開始する観光列車のイメージ。213系の改造車2両編成を使用する。
JR西日本岡山支社は、2016年春の観光キャンペーン「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン(岡山DC)」などにあわせ、既存の車両を改造した新しい観光列車の運行を開始する。JR西日本が5月19日発表した。

観光列車のコンセプトは「旅の道具箱」。列車名は未定だが、車両は213系電車の改造車2両編成を使用する。座席定員は約52人で、自転車用のスペースを設置する予定。宇野線などで運行することが検討されている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名 画像 JR西日本、南紀・北近畿の特急に「289系」投入…683系の改名
  • 東京メトロと熊本電鉄、01系の記念列車を同時運行…5月23日から 画像 東京メトロと熊本電鉄、01系の記念列車を同時運行…5月23日から
  • 飯山線の観光列車『おいこっと』運行開始…「古民家」風の車両 画像 飯山線の観光列車『おいこっと』運行開始…「古民家」風の車両
  • JR九州の「或る列車」、8月8日から運行開始 画像 JR九州の「或る列車」、8月8日から運行開始
  • 上越新幹線に「現代アート車両」導入…E3系を改造 画像 上越新幹線に「現代アート車両」導入…E3系を改造

特集