GM、北米中心に52万台をリコール…2件の不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
シボレー・マリブ
  • シボレー・マリブ
米国の自動車最大手、GMは5月12日、2件の不具合により、北米を中心におよそ52万台をリコールすると発表した。

2件の不具合のうち、52万台の大半を占めるのが、シートベルトの不具合。これは、シートベルトにつながっているケーブルが、破損する可能性があるというもの。

リコール対象車は、2011‐2012年モデルのシボレー『マリブ』。米国では43万7045台が該当。カナダやメキシコ、輸出市場まで含めると、46万8887台がリコールに該当する。

GMは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、部品を交換するリコール作業を行う。

GMは、「顧客から36件のクレームが寄せられた。この不具合による死傷者はいないが、1名の軽傷者の報告を受けている」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、米国で63万台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合 画像 トヨタ、米国で63万台を追加リコール…タカタ製エアバッグの不具合
  • スズキの187万台大規模リコール、国交省監査で判明 画像 スズキの187万台大規模リコール、国交省監査で判明
  • 2014年度のリコール対象、過去最高の955万台…タカタ エアバッグ問題が影響 画像 2014年度のリコール対象、過去最高の955万台…タカタ エアバッグ問題が影響
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース