JR東日本、黒磯駅工事で普通列車運休…毎週月曜の早朝上り

鉄道 企業動向
JR東日本は5月11日から、黒磯駅(栃木県那須塩原市)を5時27分に発車する東北本線(宇都宮線)の上り普通列車を毎週月曜日に限り、黒磯~那須塩原間のみ運休する。

黒磯駅は首都圏の直流電化区間と東北地方の交流電化区間の境界駅。このほど電力設備や信号の改良工事に伴い、早朝の上り普通列車を運休することにした。

運休期間は2017年12月頃までの予定。月曜が祝日になる場合も運休する。代行バスは黒磯5時00分発~那須塩原5時20分頃着の時刻で運行し、那須塩原5時33分発の上り普通列車に接続する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集