アストラムライン、動物のラッピング車両を7月以降に運行へ

鉄道 企業動向
7月以降に運行を開始するラッピング車のデザイン。車体の前後左右に安佐動物公園の動物たちを描いたほか、両側面に「ASA」「ZOO」の文字を配した。
  • 7月以降に運行を開始するラッピング車のデザイン。車体の前後左右に安佐動物公園の動物たちを描いたほか、両側面に「ASA」「ZOO」の文字を配した。
本通(広島市中区)~広域公園前(安佐南区)間18.4kmの広島新交通1号線(アストラムライン)を運営する広島高速交通はこのほど、安佐動物公園で人気の動物をデザインした「動物園ラッピングトラム」を7月以降に運行すると発表した。

ラッピングデザインは、安佐動物公園の壁画プロジェクトを手がけた広島市立大学芸術学部の学生から募集。応募作品8点のなかから、グランプリと準グランプリ、優秀賞の計3点が選ばれた。

採用されたデザインは、動物の表現と配置が巧みで効果的だとして選ばれた。側面には動物のイラストとともに「ASA」「ZOO」の文字が描かれている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • アストラムライン、新駅開業にあわせ増発…3月14日ダイヤ改正 画像 アストラムライン、新駅開業にあわせ増発…3月14日ダイヤ改正
  • 北九州モノレール、高齢者施設開設記念のラッピング車運行 画像 北九州モノレール、高齢者施設開設記念のラッピング車運行
  • 東急電鉄、こどもの国開園50周年のラッピング列車を運行…4月27日から 画像 東急電鉄、こどもの国開園50周年のラッピング列車を運行…4月27日から
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース