スバル アイサイト搭載モデル、国内累計販売台数30万台を達成

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は、同社が販売する先進運転支援システム「アイサイト」搭載モデルの国内累計販売台数が、2015年3月末時点で30万台を達成したと発表した。

アイサイトは、自動車、歩行者、二輪車を検知し、車両を減速・停止させるプリクラッシュブレーキ機能によって前方衝突の回避または衝突被害の軽減を図る。さらに、通常の追従走行に加えて先行車が停止した場合も、追従して停止制御する全車速追従クルーズコントロール機能を搭載。渋滞時などの運転負荷を軽減することで快適なドライブの実現に寄与する。

同システムを世界で初めてステレオカメラのみで実現したアイサイトは、2008年5月の発売以来、ユーザーから高い評価を得ており、2014年度の搭載比率は85%を占めている。

また、2014年10月より、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施している予防安全性能アセスメントにおいても、アイサイトを搭載した全評価対象車が、最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定され、第三者機関からも高い評価を得ている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集