西武、6000系アルミ車1本を「黄色い電車」に…4月18日から運行開始

鉄道 エンタメ・イベント
西武は4月18日から運行を始める「黄色い6000系」の詳細を発表。アルミ車体の6057編成が黄色いカラーリングとなり、2016年3月まで運行する予定
  • 西武は4月18日から運行を始める「黄色い6000系」の詳細を発表。アルミ車体の6057編成が黄色いカラーリングとなり、2016年3月まで運行する予定
  • 黄色に塗り替えられる6000系はグレー塗装のアルミ車と無塗装のステンレス車がある。写真は今回「黄色い電車」となるアルミ車体の6000系(6057編成)
  • 黄色い塗装の2000系。西武の黄色い塗装の電車は地下鉄乗り入れに対応しておらず、黄色い電車の地下鉄乗り入れは今回が初となる
西武鉄道は4月14日、池袋線や東京メトロ有楽町線・副都心線などで18日から運行を始める「黄色い6000系電車」の詳細を発表した。池袋線の池袋~飯能間開業100周年を記念したイベントの一環で、通常はグレーに青ラインの入った6000系アルミ車を「西武らしい」黄色に変更する。

6000系は1992年から登場した地下鉄乗り入れ対応車両。銀色のステンレス車体とグレーのアルミ車体の車両があるが、今回黄色になるのはアルミ車体の6057編成(10両編成)。運行期間は4月18日から2016年3月までの予定で、池袋線・西武有楽町線・狭山線のほか、東京メトロ有楽町線・副都心線、東急東横線、みなとみらい線に乗り入れて運行する。

運行開始初日となる4月18日は臨時電車1本の運転を予定しており、詳細は後日発表するとしている。

西武の電車は1969年に登場した101系から黄色の塗装を採用し、西武といえば黄色い電車のイメージで親しまれてきたが、現在はステンレスやアルミの銀色や、グレー塗装に青ラインなどが標準的なカラーリングとなっている。地下鉄乗り入れ車両で黄色い車体の電車は初の登場となる。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集