【ニューヨークモーターショー15】サイオン iM 発表、米国向けトヨタ オーリス

自動車 ニューモデル モーターショー
サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
  • サイオン iM
トヨタ自動車の米国の若者向けブランド、サイオンは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、サイオン『iM』を初公開した。

サイオンは2014年11月、ロサンゼルスモーターショー14に、『iMコンセプト』を出品。iMコンセプトは、トヨタ『オーリス』のサイオン版を示唆したコンセプトカーだった。

このコンセプトカーの市販モデルが、ニューヨークモーターショー15では、サイオンiMとしてデビュー。コンセプトカー同様、市販モデルもオーリスのサイオン版として登場している。

オーリスは2014年3月、ジュネーブモーターショー15において、改良新型モデルを初公開。サイオンiMは、この最新オーリスがベース。外観はオーリスに対して、専用のバンパーやメッシュグリルが採用され、スポーティな雰囲気を演出した。

エンジンは、バルブマチック仕様の1.8リットル直列4気筒ガソリン。最大出力137hpを発生する。トランスミッションは6速MTが標準。オプションで「CVTi-S」が選択できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース