【マツダ CX-3 発売】コンセプトを最大限に表現したホワイトの革内装

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
  • マツダ CX-3
マツダ『CX-3』のインテリアコーディネートのひとつに、ピュアホワイトと革の仕様がある。これはCX-3のコンセプトである先鋭感やクールさが最も表現されている組み合わせだという。

このインテリアコーディネートはXDツーリング Lパッケージに採用されている。「先鋭感を強めたフューチャリスティックな表現。そして、本物感への追求がコンセプトだ」と話すのはマツダデザイン本部プロダクションデザインスタジオカラー&トリムデザイングループの木村幸奈さんだ。

「白はフューチャリスティック、先鋭感、クールさは十分表現出来るカラーだが、それだけでは冷たすぎ、マツダが求める生命感は表現しきれない。そこで、本物素材の表情へのこだわりで表現するようにした」と説明。その結果白に対してスウェード調の生地をシート中央で合わせたのだ。

このスウェード調の生地も真っ黒を使った場合は白の革とのコントラストが強すぎ、どちらの魅力も半減してしまう。もう少し明るい素材を選ぶと馴染みは良くなったが、ぼんやりしてしまった。そこで「白とのコーディネーションとともに、赤が入ったときでも調和が取れる明度感。そして、黒が隣に来たときにでも自然と馴染む色合いを考慮し現在のものを採用した」と述べる。

また、他のコーディネートと同様、シートに仕立てたときに最も魅力的になるようデザインされてもいる。木村さんは「仕立てにより表情を付けた方が素材が持っている柔らかい印象が最も伝わると思う。クールな白と合わせることで、未来感がありながらも人に近いという感覚を持った内装を提案出来たと思う」と完成度に自信を見せる。

その結果、「ボディカラーのセラミック、この内装でこのクルマらしい最も先鋭感を持ったクールなパッケージを提案出来た」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【マツダ CX-3 発売】モチーフは“石膏”…新たに生み出されたボディカラー 画像 【マツダ CX-3 発売】モチーフは“石膏”…新たに生み出されたボディカラー
  • 【マツダ CX-3 発売】「車両の軸」を意識し表現した、魂動のスピード感 画像 【マツダ CX-3 発売】「車両の軸」を意識し表現した、魂動のスピード感
  • 【マツダ CX-3 プロトタイプ 公開】相反する表現、敢えて融合させたインテリア…松田チーフデザイナー 画像 【マツダ CX-3 プロトタイプ 公開】相反する表現、敢えて融合させたインテリア…松田チーフデザイナー
  • 【マツダ CX-3 プロトタイプ 公開】魂動デザインの“表現の幅”を魅せる…松田チーフデザイナー 画像 【マツダ CX-3 プロトタイプ 公開】魂動デザインの“表現の幅”を魅せる…松田チーフデザイナー

特集