【ジュネーブモーターショー15】ルノー カジャール…ブランド初のCセグクロスオーバー[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
  • ルノー カジャール(ジュネーブモーターショー15)
『カジャール』は、ルノーブランド初のCセグメント・クロスオーバー。ルノーはすでに、Bセグメントに属するクロスオーバー車として、『キャプチャー』を用意。カジャールは、キャプチャーの兄貴分となる。

車台は、ルノー日産アライアンスの「CMF」と呼ばれるプラットホームがベース。欧州向けは、スペイン工場で生産される予定。ルノーにとって、初の中国現地生産車として、組み立てられる計画もある。

カジャールのボディサイズは、全長が4450mm、全幅が1840mm、全高が1600mm。最低地上高は190mm。フロントマスクは、最新のルノーのデザイン言語を表現。LEDヘッドライトが組み込まれる。駆動方式は、4WDと2WDを設定した。

欧州向けのパワーユニットには、ディーゼル2、ガソリン1の3ユニットを設定。中でも、ターボディーゼルの「dCi」の1.5リットル版は、最大出力110hpを発生。フリクションの低減に取り組んだ結果、欧州複合モード燃費26.3km/リットル、CO2排出量99g/kmの環境性能を実現した。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集