ブリヂストン、2015年のモータースポーツサポート計画を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
  • ブリヂストンの2015モータースポーツサポート計画発表会
ブリヂストンは3月13日、2015年の国内外におけるモータースポーツサポート計画を発表した。

2015年は全世界を対象とした活動としてMotoGPとワールド・ソーラー・チャレンジ、海外の各国での活動として、ニュルブルクリンク24時間レースやファイアストンブランドでのインディカーシリーズなどにタイヤを供給する。

日本国内では、四輪レースではSUPER GTシリーズやスーパーフォーミュラ、ニ輪レースでは鈴鹿8時間耐久ロードレースといったトップカテゴリーレースに力を注いでいく。また、GAZOOレーシング86/BRZレース、ロードスター・パーティレースIIやジムカーナなどをはじめとした参加型モータースポーツも支援していく。

四輪レースには主にPOTENZAレーシングタイヤを、ニ輪レースには主にBATTLAXレーシングタイヤを供給し、チーム・ドライバー・ライダーとともに勝利を目指していく。また、四輪レースの参加型モータースポーツには、新商品のPOTENZA RE-71Rなどを供給する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集