アストンマーティン パーマーCEO「日本市場にマッチしたクルマを作る」

自動車 ビジネス 企業動向

アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッドCEOのアンディ・パーマー氏(左)とアジアパシフィックリージョナルディレクターのパトリック・ニコルソン氏
  • アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッドCEOのアンディ・パーマー氏(左)とアジアパシフィックリージョナルディレクターのパトリック・ニコルソン氏
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
  • アストンマーティン ラピードS QbyAston Martin
アストンマーティンは日本法人、アストン・マーティン・ジャパン・リミテッドを設立。これまで以上に日本市場に力を入れていくという。

現在アストンマーティンは世界で約4000台を販売しており、今後はその約10%程度を日本で販売したい意向だ。同社CEOのアンディ・パーマー氏は、「日本は重要なマーケットで、世界でも2番目に大きなラグジュアリーカーマーケットといわれている。そこで当然それにふさわしい数を販売していかなければならない」としたうえで、「クルマも日本市場にマッチするものを作っていく。ディーラーのロケーションもこれから増やしていきたい」と述べる。

具体的には、ETCやナビゲーション、ナンバープレートの取り付けなど、日本市場に即した開発を推し進める。また、近々福岡にディーラーをオープンさせる予定だ。

また、アストンマーティンアジアパシフィックのディレクターであるパトリック・ニコルソン氏も、「日本は非常に大きなポテンシャルがあるマーケット。これからチームと一体になって日本市場の販売台数増加を試みたいと考えている」とコメント。

「新しいモデルを販売すると、日本市場のリアクションが大きく、日本では10%かそれ以上の需要がある」とし、100台限定のアストンマーティン『ヴァンテージGT3スペシャルエディション』では、10台以上の発注があった。「日本市場はまだまだこれから伸びる余地があると思っている。これから更に発展させていきたいと思っている」(パトリック氏)
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集