【マツダ CX-3 発売】開発責任者「“スイートスポット”に座らせるパッケージングを実現」

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ 商品本部 冨山道雄 主査
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
  • マツダ CX-3 発表会
マツダが2月27日に発売した新型コンパクトクロスオーバーSUV『CX-3』は、車高が1550mmと一般的な立体駐車場を利用できるサイズに納まっている。

CX-3の開発責任者を務める冨山道雄主査は「車高にこだわった」とした上で、「“スイートスポット”に乗員を座らせるパッケージングをこの車では実現した」と語る。

冨山主査は「車の高さには様々な価値がある。アイポイントが高ければ見晴らしは良くスピード感が軽減される。逆にアイポイントが低ければ重心が低くロールによる揺れが小さくなる。では乗降性はどうか、車高が高くても低くても体の筋負担を強いる場所があり、車高には丁度良い高さある」と指摘。

その上で「そして日本では忘れてはならない価値がある、それが立体駐車場。立体駐車場に納めるには高さを1550mmに納める必要がある。私達はこれらの価値を整理し、それらが重なる“スイートスポット”に乗員を座らせる、このようなパッケージングをこの車では実現した」と述べ、様々な検証結果から1550mmの車高にたどり着いたことを強調していた。
《小松哲也》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース