JR西日本、北陸新幹線W7系に似せたラッピングレンタカー導入

鉄道 企業動向

JR西日本レンタカー&リースは2月1日から、W7系新幹線車両を模したラッピングレンタカーの貸出を始める。

W7系のラッピングが施されるのは日産ノート。駅レンタカーの金沢・富山2営業所に各1台配備される。利用料金は通常のSクラス料金が適用され、電話予約の場合は12時間で6480円。駅レンタカー西日本のウェブサイトから予約すると、約1割引の12時間5940円となる。

W7系は、JR西日本が北陸新幹線長野~金沢間の延伸開業(3月14日)にあわせて運用を開始する予定の新幹線車両。JR東日本が長野新幹線で先行運用しているE7系とほぼ同じ仕様・デザインを採用している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集