【デトロイトモーターショー15】ビュイック カスケーダ…米国で25年ぶりのオープンカー[公式写真]

自動車 ニューモデル モーターショー

ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
  • ビュイック カスケーダ
2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。GMの高級車ブランド、ビュイックのブースでは、新型車の『カスケーダ』がワールドプレミアされている。

カスケーダは、純粋な新型車ではない。GMの欧州部門のオペルが2012年に発表し、2013年に欧州市場へ投入した新型オープンカー。カスケーダのビュイック版。ビュイックはここ数年、オペルからのOEMモデルを増やしており、カスケーダもオペルからのOEMとして、米国市場ではビュイックブランドから投入される。

カスケーダのボディサイズは、全長4697mm、全幅1840mm、ホイールベース2695mm。大人4名が乗車できるゆとりの室内スペースが追求された。ルーフは、電動ソフトトップ。17秒で開閉操作は完了する。50km/h以下なら、走行中でも開閉可能。

米国仕様のカスケーダには、ダウンサイジングの1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力200hp、最大トルク28.6kgmを引き出す。オーバーブースト時には、最大トルクは30.6kgmに向上する。

なお、カスケーダは、ビュイックブランドにとって、米国では25年ぶりのオープンカーとなる。ビュイックと競合するプレミアムブランドは、いずれも米国市場でオープンモデルを用意。ビュイックも富裕層のニーズを満たすオープンカーを、ラインナップに加える。

デトロイトモーターショー15のプレスカンファレンスにおいて、ビュイックブランドのDuncan Aldred副社長は、「カスケーダが顧客を喜ばせ、ビュイックの成功の勢いを増してくれるだろう」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集